こんにちは!
K&Y styleのブログへ
お越し頂きましてありがとうございます。

今回もこれからも、【触圧覚】の話がしばらく続きます。
 
ご興味がございましたらお付き合いくださいm(__)m 
 

このシリーズ『1日の終わりに何が効果的か?』ですが
 
エステティックで勉強してきたことと、運動指導で勉強してきたことを最大に活かして、
 
  要は「眠る時間に美しくなるための、最も効果的な方法」
ここを追及して、皆様と情報をシェアしていきたいわけです。
  
眠っている間は、副交感神経が優位となり、末梢の血管が拡張して
お肌に栄養を届け、老廃物を回収します。身体をメンテナンスします。
  
そして新しい肌を生み出し、メラニン色素を排泄します。(大まかに言ってすみません。)
  
お肌まで栄養を届けるためには、身体が十分にリラックスしている状態が望ましい。
  
お肌まで届くということは、肌は筋肉よりも外側にあるわけなので、筋肉のことも大切。
だから身体の緊張を解放したい。
  

「身体をシャキッと目覚めさせたいのか?」「緊張を解放したいのか?」で
 
ケアが変わってきます。
  
触圧覚へのアプローチの仕方が変わってきます。
  
それをキャッチする受容器の位置。肌からの深さが違うからです。
  
皮膚の絵_ks
 
それは、平均2㎜の厚さの皮膚のお話し。とっても繊細な世界の話で、エステティシャンのハンドテクニックの話にも繋がってきます。
  
筋肉のケアとお肌へのアプローチ。どちらも両方大切。
  

長くなりましたので、続きはまた次回にいたします。
最後までお読み頂きましてありがとうございました。
  
 
******************************************************************************
[参考文献]
『改訂第二版 カラー図解 人体の正常構造と機能』日本医事新報社